それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

ddrescue は レジューム機能がある 。途中で再起動しても大丈夫

ddrescue コマンドを実行中に再起動しちゃった。

macOS で dd / ddrescue するとすごく時間がかかるので、バックグラウンドで流してて、1日近く経過してた、ddrescue 実行中を忘れて再起動してしまいました。悲しい

レジューム機能がある。

悲しいので、こういう悲劇が二度と見たくない。未然に防止する方法を調べたら、ddrescue には「転送再開」のレジューム機能があります。やったね。

takuya@Downloads$ ddrescue -h  | grep map
5:Always use a mapfile unless you know you won't need it. Without a
6:mapfile, ddrescue can't resume a rescue, only reinitiate it.
7:NOTE: In versions of ddrescue prior to 1.20 the mapfile was called

使い方:ログファイル(mapファイル)の指定

ddrescue には第3の引数があります。あるんです。

ddrescue $IN  $OUT  $MAP

mapファイルを使う

次のように第3の引数を指定して実行する。

ddrescue /dev/input out.img 2020-01-10.dd.map

そのあと CTRL-C や 再起動/kill などでプロセスを中止する。

ddrescue /dev/input out.img 2020-01-10.dd.map
^C

再開するのは、同じ「ファイル名」を第3の引数にいれて 起動する

ddrescue /dev/input out.img 2020-01-10.dd.map

map ファイルがあれば再開するようだ。

ddrescuelog というコマンドもある。

ddrescue で作成したmap フィアルの状況を表示することができる。これも便利。

結論:レジューム機能を使うには

ddrescue 自体に3番めのファイルとしてログファイルを指定する。

参考

  • man ddrescue
  • man ddrescuelog

mac で ext4 など Linuxファイルシステムパーティションを扱うGNUコマンド

macOSext4 をチェックしたい。

LinuxデスクトップにいちいちUSBをつなぎ直すのが面倒くさいので、普段使いのmacOSext4 を操作してチェック(verify)修正をしたいなと思った。

e2fsprogs のGNUコマンドはbrewでインストールできます。

brew install e2fsprogs 

e2fsprogs をインストールすると、次のようにLinuxでよく使うであろうファイルシステムを扱うコマンドが入ります。

PATHは通さないほうが良い

PATHを通すと面倒くさい(ゴチャゴチャになる)可能性があるので、PATHは通さないほうが良い。

brew もインストール後は 特にlink しないので、リンクはしないほうがトラブル防止になるんだろうね。

とくに mkfs.関係とか。もともとmacにあるコマンドと名前の似ているコマンドはトラブルの素だ。

コマンドの場所

homebrew でいれたe2fsprogs は次の場所にインストールされる。

/usr/local/opt/e2fsprogs/sbin/

インストールされるコマンド

takuya@Downloads$ ll /usr/local/opt/e2fsprogs/sbin/
total 6.6M
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 184K 2019-10-25 16:33 badblocks
-r-xr-xr-x 1 takuya staff  49K 2019-10-25 16:33 blkid
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 401K 2019-10-25 16:33 debugfs
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 234K 2019-10-25 16:33 dumpe2fs
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 178K 2019-10-25 16:33 e2freefrag
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 502K 2019-10-25 16:33 e2fsck
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 235K 2019-10-25 16:33 e2image
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 317K 2019-10-25 16:33 e2label
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 234K 2019-10-25 16:33 e2mmpstatus
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 192K 2019-10-25 16:33 e2undo
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 8.4K 2018-12-16 14:39 filefrag
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 317K 2019-10-25 16:33 findfs
-r-xr-xr-x 1 takuya staff  58K 2019-10-25 16:33 fsck
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 502K 2019-10-25 16:33 fsck.ext2
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 502K 2019-10-25 16:33 fsck.ext3
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 502K 2019-10-25 16:33 fsck.ext4
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 254K 2019-10-25 16:33 fuse2fs
-r-xr-xr-x 1 takuya staff  14K 2018-12-16 14:39 logsave
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 333K 2019-10-25 16:33 mke2fs
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 333K 2019-10-25 16:33 mkfs.ext2
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 333K 2019-10-25 16:33 mkfs.ext3
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 333K 2019-10-25 16:33 mkfs.ext4
-r-xr-xr-x 1 takuya staff  14K 2019-10-25 16:33 mklost+found
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 229K 2019-10-25 16:33 resize2fs
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 317K 2019-10-25 16:33 tune2fs
-r-xr-xr-x 1 takuya staff  26K 2019-10-25 16:33 uuidd

resize2fs / fsck.ext4 とか便利

ext4パーティションをりサイズで拡張・縮小させたり、 e2fsck もちゃんと使える。

blkid

blkid でuuid を閲覧することもできるが、 /dev/ に対応しないので、引数にちゃんといれる必要がある。

linux 同等のgdisk をしたいときは

brew install gptfdisk

まとめ:mac でもext4

maclinux のフォーマットを扱うには brew install e2fsprogs 。インストール先を直接叩いて使う。

mac でもraspi のSDカードのメンテナンスが簡単にできることがわかりとても安心です。

関連資料

マウントしたいとき、パーティションを触りたいときは。こっちを参考に。

参考

mac で linuxと同等のgdisk コマンドを使うには

mac でgdisk したい

mac にもfdisk があり gpt コマンドで GPT のボリュームも扱えるのですが。「覚えるのが面倒くさい」

brewgnuの gdisk コマンドをインストール

linuxのgdisk コマンドと同じなら使い方も同じなので、覚えることが少ない。

brew install gptfdisk

インストールされるコマンド

gptfdisk をインストールすると、おなじみの sgdisk gdisk のGNUコマンドがmacOSでも使えるようになる。

takuya@~$ ll /usr/local/Cellar/gptfdisk/1.0.4/bin/
total 652K
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 200K 2018-07-06 05:19 cgdisk
-r-xr-xr-x 1 takuya staff  64K 2018-07-06 05:19 fixparts
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 195K 2018-07-06 05:19 gdisk
-r-xr-xr-x 1 takuya staff 190K 2019-03-11 22:02 sgdisk
takuya@~$

いつものコマンドでリスク回避

ディスクのパーティションを触るときは、王手が掛かってるシビアなときが多いので、普段使いの慣れたコマンドで操作できるのは大変いいことだと思う。