それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

pipenvで環境を整える

pipenv で環境を整える

pipenv でサクッと環境を整える

mkdir tatget
cd target
PIPENV_VENV_IN_PROJECT=1 pipenv install
pipenv exec pip install pip --upgrade

PIPENV_VENV_IN_PROJECT=1 変数を使うと、プロジェクトのディレクトリに作られる。変数の名前の通りです( pipenv venv in project)。 project root で実行される。有り体に言えばカレントディレクトリ、正確言うと上位のpipenvを探しに行く。

変数を使わないときは、user homeつまり、ユーザーのホームディレクトリが使われる。

pipenv の Pipfileにパッケージを登録する

cd target
pipenv run pip install PyP100

pipインストールではなく、pipenv install を使ってインストールする

先程の例だと、次のようになる。

cat Pipfile
[[source]]
url = "https://pypi.org/simple"
verify_ssl = true
name = "pypi"

[packages]
pyp100 = "*"

[dev-packages]

[requires]
python_version = "3.9"

pipenv 自体のインストール

pipenv 自体は、python pip を使って グローバルにインストールしておく。または、apt でインストールしておく

pipの場合

pip install pipenv

apt の場合

apt install python-is-python3
apt install python3-pip
apt install pipenv

過去記事

takuya-1st.hatenablog.jp