それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

apt でバージョン指定でアップグレード・インストール

apt install でバージョン指定でインストール

やりかた

sudo apt install パッケージ名=バージョン名

sudo apt install gitlab-ce=13.12.12-ce.0

apt install は指定バージョンまでアップグレードできます。

apt コマンドは アップグレードもインストールも同じだし当たり前なんだけど。

sudo apt install --upradae gitlab-ce=13.12.12-ce.0
sudo apt upgrade gitlab-ce=13.12.12-ce.0

バージョン指定ができますね。

バージョン一覧を取得する

インストール対象となるバージョンを探すには、まずバージョン一覧を取得して選択する必要があります。

sudo apt list --upgradable -a gitlab-ce

または apt-cacheから

sudo apt-cache showpkg gitlab-ce

アップグレード時のコツ

単純にアップグレードしようとして、sudo apt upgrade アップグレードコマンドを打ち込んだとき

unpack でエラーになったりする。

dpkg: アーカイブ /var/cache/apt/archives/gitlab-ce_14.3.3-ce.0_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--unpack):

そういうときに、一気にバージョンをあげようとせずに、一つずつバージョンを上げて試していいくことで解決する。

例に上げた、gitlab のバージョンアップは、postgresql 11 が必須になっていて sudo gitlab-ctl pg-upgrade をやれと、12→13 のときに出てきた、 12→14だと表示はもうなかった。

このように、最新バージョンに一気に挙げずに、バージョンを少しずつアップグレードしていくことで問題点が洗い出される事例は多い。