それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

exiftoolで写真をフォルダ(月日・年月・カメラ)に入れる。

写真の整理はexiftoolが確実です。

WindowsだとVector窓の杜にソフトウェアが紹介されていますが、あれはうまく動きません。

Exifの名前でフォルダに仕分けられるの

カメラで仕分けたり、日付で仕分けたりできる

写真を「年・月」に仕分ける。

写真を年月のフォルダに仕分ける。

exiftool '-Directory < DatetimeOriginal' -d '%Y/%m' *.jpg

実行例

このように散らばったファイルがあるとき

takuya@:sample$ ls
2022          IMG_6824.JPG  IMG_6827.JPG   IMG_6831.WEBP  IMG_6839.MOV  IMG_6844.PNG
IMG_6821.MOV  IMG_6825.JPG  IMG_6828.JPG   IMG_6833.JPG   IMG_6841.PNG  IMG_6856.PNG
IMG_6823.JPG  IMG_6826.JPG  IMG_6830.WEBP  IMG_6834.JPG   IMG_6842.PNG  IMG_6857.PNG

コマンドを実行すると

exiftool '-Directory < DatetimeOriginal' -d '%Y/%m' *.jpg

次のように、YYYY/MMのフォルダに仕分けられる。

takuya@:sample$ find
.
./IMG_6856.PNG
./IMG_6823.JPG
./IMG_6825.JPG
./IMG_6830.WEBP
./2022
./2022/06
./2022/06/IMG_6859.jpg
./2022/06/IMG_6858.jpg
./2022/06/IMG_6838.jpg
./2022/06/IMG_6848.jpg
./2022/06/IMG_6854.jpg
./2022/06/IMG_6845.jpg
./2022/06/IMG_6843.jpg
./2022/06/IMG_6820.jpg

DatetimeOriginal がないJPGファイルは、iPhoneスマートフォンの場合、スクショだったりWEBから保存したものだったり、アプリで編集(モザイク加工)したもの、誰かから送られた写真を保存したもの(LINEやFBなどSNS系はプライバシーのためExif削除される)だったりするので、DatetimeOriginalがあるものが自分の写真だとはっきりわかるので便利だったりする。

カメラで仕分ける例

たとえば、ExifのModelには、カメラの名前が入ってるので、そっれを使って仕分けたり

exiftool '-Directory < Model'  *.jpg

exif の値使って仕分けるの便利

exif のタグなら仕分けに使えるので便利ですね。

GPSでいい感じに絞れたらいいんだろうけど、調べたけど厳しそうだった。

関連資料

その他、exiftool に関する記事です。参考にしてください

https://takuya-1st.hatenablog.jp/search?q=exiftool

参考資料

  • man exiftool