それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

VmWare FusionでMacとWindowsを継ぎ目なく使う。

Windows→Macの移行の決断の決め手になったのが、VmWare Fusionの存在。これを見てWindowsから移ってもも大丈夫。と思えた。

VmWare Fusionのユニティー機能が強烈すぎる。

仮想マシンのWindowだけをちゃんとMac側へ引っ張ってきてくれる。

X11のWindow転送と同じことが出来る。しかも快適だった。

WindowsのタスクトレイもMac側へ

MacのメニューバーにWindowsのタスクトレイが召喚される。




おもしろいねー

WindowsのアプリはMacにAppとしてインストされる。

MacのアプリケーションとしてWindowsのプログラムが登録される。ベンリー

Macの開くメニューにも現れる。

シームレスな統合が嬉しい。

プロトコルも


Macの http://example.com をInternetExloreに関連付けたり出来る。

BootCampのパーティションを起動できる。

何がすごいって普段使わないBootCampのパーティションのWindowsを仮想マシンに使えること、容量無駄にならない。

bootcamp領域があれば仮想マシンセットアップしなくていい。

bootcamp領域にWindows環境が作ってあったら、それにVmWareサポートソフトをインスト&再起動だけなのですぐ使える。

Windows用ライセンスのOffice無駄にならない。

「同じMS OfficeでもMacだと見た目が違う!」とか事件が起きなくて安心です。

別にアフィリエイトするきはないけど、ちょっと便利だったのでエントリに。

円高なので安い。

アメリカ・ドルで買うと $50
ユーロで買うと €35


お買い得。

日本代理店はちょっとアレなので、直接ライセンス買いました。

広告を非表示にする