それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

SDカードのファイルは壊れやすい

パソコン環境をコロコロ移す。ネットワークやドロップボックスに保存していたが、ネットがないときに不便だ。SDカードを利用しているが。しかしSDカードはデータが壊れやすいことを知った。

ファイルが壊れてて絶望した

大事なメモやソースコードが壊れてて絶望した。RSYNCでバックアップ取ってたけれど、どの世代でファイルが壊れたかわからない。壊れたままバックアップ取ってたからどうしようもない。バックアップって意外と何の役にも立たない。

壊れたテキストファイルを見つける。

壊れたファイルに一定のパターンがあることに気づいた。だから一覧取得することにした。ファイルがごっそり消えた場合はファイルを復活させればすむが、ファイルの内容が壊れたときは、開くまでわからない。だから全部開いてみた。

ドライブの全ファイルを開いてみるRuby
#!/usr/bin/env ruby
#ファイルの破損をチェックする。
#$KCODE="u"
require 'nkf'
require 'kconv'
require 'find'

Find.find('E:\\') {|name|
	#STDERR.puts name.tosjis
	next if File.directory?(name)
	s = File::stat(name)
	puts "#{name}" if s.size == 0
	open(name) do |f|
		STDERR.puts "#{name.tosjis}" if f.read(1) == "\000"
		puts "#{name.tosjis}" if f.read(1) == "\000"
	end
}

SDカードは一歩間違えると

一歩間違えるとこわい。SDカードの大容量はやっぱり怖くて買うことが出来ない。もしかしてSSDも同じだったりするのかな

広告を非表示にする