それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

TimeMachineに容量制限を加える(netatalk)

TimeMachineが容量を限界まで使う。

TimeMachineは容量を限界まで使って初めて過去のバックアップ削除に手を付けるようです。

しかもディスクをmountしてると、マウント元のHDDの容量をチェックしていて実際にマウントしたディスク容量をチェックできない。。。こまった。

HDD食いつぶされたわ・・・

容量制限を書ける

そんな時のために容量制限を書くことが出来る。便利ですねぇ

    vol size limit = 200000

出来上がった netatalk の設定

タイムカプセルはあってもなくてもいいんだけど、安心感のために。

寝てる間にタイムカプセルにバックアップが終わってるのが、精神衛生上に非常に素晴らしい。 家に帰って充電しておくだけですからね。

;
; Netatalk 3.x configuration file
;

[Global]
    mac charset = MAC_JAPANESE
    hostname = atom-afp

[Homes]
    basedir regex = /home

[videos]
    path = /path/to/ts_video/
    time machine = no


[My Time Machine Volume]
    path = /path/to/backup-images/time_capsule/
    time machine = yes
    vol size limit = 200000

そうえいば、AFP 経由でファイルサーバを見ると

アイコンがかっこいいい。液晶ディスプレイで表示されるのはnetatalk のマシン

Sambaサーバーのアイコンがヒドイ・・・

afp

そういえば、最近Samba使ってないなぁ

関連資料

http://takuya-1st.hatenablog.jp/entry/2014/04/07/013519

広告を非表示にする