それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

windows のIPアドレスの確認 ・変更( netshと ip の比較 )

windowsIPアドレスの確認 ( netsh )

Windowsには netsh コマンドがあって、IPアドレス関連の各種設定ができる。

netsh の使い方をまとめておく

コマンド linux windows
IPアドレス確認 ip addr show eth0 netsh interface ipv4 show addresses eth0
v6アドレス確認 ip -6 addr show eth0 netsh interface ipv6 show addresses eth0
IP追加 ip addr add 192.168.10.2 dev eth1 netsh interface add address 'eth0' 192.168.10.2
ip 削除 ip addr del 192.168.10.2 dev eth1 netsh interface delete address 'eth0' 192.168.10.2
ルーティング表 ip  ip route netsh interface ipv4 show route
v6ルーティング表 ip -6 ip route netsh interface ipv6 show route
route 追加 ip route add 192.168.1.0/24 via 192.168.1.1 netsh interface add route 192.168.1.0/24 "eth0" 192.168.1.1
route 削除 ip route delete 192.168.1.0/24 via 192.168.1.1 netsh interface delete route 192.168.1.0/24 "eth0" 192.168.1.1

windows 固有

ネットワークデバイス(インタフェース)の名前を変える。

netsh interface set interface name = "ローカルエリア接続 2" newname = "eth2"

デフォルトの空白の入った長い名前は、コマンドから扱いづらいので、私は分かりやすいシンプルな名前にしている。

ネットワーク・デバイス(インタフェース)の一覧を取得

netsh interface ipv4 show interface 

ipv4 / ipv6 を使い分ける。

netsh interface show interface 
netsh interface ipv4 show interface 
netsh interface ipv6 show interface 

省略 / ipv4 / ipv6 でそれぞれに、動作がが違うので注意。

サンプル v6

IPv6アドレスを指定する。

netsh interface ipv6 add address fd03:ac7f:3852:67bb::3

v6デフォルトGWを設定する。

netsh interface ipv6 add route  ::/0  eth01  fd03:ac7f:3852:67bb::1

v6 でルーティングテーブルに追加する。

netsh interface ipv6 add route  2001:a253:8383:a300::/64 eth01  fd03:ac7f:3852:67bb::1 

省略形・省略しない場合。

ここまで書いた書式は省略形になっている。

次の2つは同じコマンドになる。引数の書き方の流儀が違うだけ。

これは

netsh interface ipv6 add address eth01 fd03:ac7f:3852:67bb::3/64

これと同じ。

netsh interface ipv6 add address interface=eth01 address=fd03:ac7f:3852:67bb::2/64

サンプルv4

v4 の場合は次のようになっている。

netsh interface ipv4 add address eth01 192.168.5.2/24

v6ルーティングテーブルに追加する。(デフォルトGWを設定する。)

netsh interface ipv4 add route 0.0.0.0/0  eth01 192.168.5.1
netsh interface ipv4 add route 10.100.100.0/24 vpn01 10.100.100.1