読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

lsblk が便利だった。物理ディスクの一覧を見る。

lsblk で物理ディスクの一覧を見ることが出来る。

PCにどのようなHDDが何台つながっているか見ることが出来る。さらにマウントポイントも確認できて便利でした。

takuya@:~$ lsblk
NAME          MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda             8:0    0   1.8T  0 disk /mnt/464fb75d
sdb             8:16   0 223.6G  0 disk
├─sdb1          8:17   0   9.3G  0 part
├─sdb2          8:18   0     1K  0 part
├─sdb5          8:21   0   954M  0 part [SWAP]
└─sdb6          8:22   0 186.3G  0 part /
sdc             8:32   0 931.5G  0 disk
├─sdc1          8:33   0   243M  0 part
├─sdc2          8:34   0     1K  0 part
└─sdc5          8:37   0 931.3G  0 part
  └─atom-root 254:0    0   120G  0 lvm
sdd             8:48   0   1.8T  0 disk
└─sdd1          8:49   0   1.8T  0 part /home/takuya/123
sde             8:64   0   2.7T  0 disk /mnt/12345
sr0            11:0    1     1T  0 rom
loop0           7:0    0   120G  1 loop /mnt/123

このコマンドはHDDが増えてきた自宅マシンでどこにどうマッピングされているのかを確認するときに便利ですね。

lsblk の豊富なオプション

lsblk には豊富なオプションが用意されていて、書くにするときに大変重宝する。

lsblk -O 

すべての表示可能な情報をテーブルで表示できる

ファイルシステムだけ表示する

lsblk -fs 

知らなかった。

すごく便利ですねコレ。

使い方:
 lsblk [オプション] [<デバイス> ...]

オプション:
 -a, --all            すべてのデバイスを表示します
 -b, --bytes          可読性の高い形式ではなく、バイト単位でサイズを表示します
 -d, --nodeps         スレーブデバイスやホルダーを表示しません
 -D, --discard        discard 関連の機能を表示します
 -e, --exclude <一覧> メジャー番号を利用して、除外するデバイスを指定します (既定値: RAM ディスク)
 -f, --fs             ファイルシステムに関する情報を出力します
 -i, --ascii          ASCII 文字のみを使用します
 -I, --include <一覧> 指定したメジャー番号のデバイスのみを表示します
 -l, --list           一覧形式で出力します
 -m, --perms          パーミッションに関する情報を出力します
 -n, --noheadings     ヘッダを表示しないようにします
 -o, --output <list>  出力する列を指定します
 -O, --output-all     output all columns
 -p, --paths          完全なデバイスパスを表示します
 -P, --pairs          キー="値" の出力形式を使用します
 -r, --raw            加工を行なわない出力形式を使用します
 -s, --inverse        依存関係を逆転します
 -S, --scsi           SCSI デバイスに関する情報を出力します
 -t, --topology       トポロジに関する情報を出力します
 -x, --sort <column>  sort output by <column>

 -h, --help     このヘルプを表示して終了します
 -V, --version  バージョン情報を表示して終了します

利用可能な列 (--output で指定します):
        NAME  デバイス名
       KNAME  カーネル内部デバイス名
     MAJ:MIN  メジャー:マイナーデバイス番号
      FSTYPE  ファイルシステムの種類
  MOUNTPOINT  マウントされている場所
       LABEL  ファイルシステムのラベル
        UUID  ファイルシステムの UUID
    PARTTYPE  partition type UUID
   PARTLABEL  パーティションのラベル
    PARTUUID  パーティション UUID
   PARTFLAGS  パーティションフラグ
          RA  デバイスの先読み
          RO  読み込み専用デバイス
          RM  リムーバブルデバイス
       MODEL  デバイス識別子
      SERIAL  ディスクのシリアル番号
        SIZE  デバイスのサイズ
       STATE  デバイスの状態
       OWNER  ユーザ名
       GROUP  グループ名
        MODE  デバイスノードのパーミッション
   ALIGNMENT  アライメントオフセット
      MIN-IO  最小 I/O サイズ
      OPT-IO  最適 I/O サイズ
     PHY-SEC  物理セクタサイズ
     LOG-SEC  論理セクタサイズ
        ROTA  ローテーションデバイス
       SCHED  I/O スケジューラ名
     RQ-SIZE  要求キューサイズ
        TYPE  デバイスの種類
    DISC-ALN  discard アライメントオフセット
   DISC-GRAN  discard 粒度
    DISC-MAX  discard 最大バイト
   DISC-ZERO  discard ゼロデータ
       WSAME  write-same 最大バイト
         WWN  ユニークなストレージ識別子
        RAND  乱数シードへの追加
      PKNAME  親のカーネル内部デバイス名
        HCTL  SCSI 向けのホスト:チャンネル:ターゲット:LUN
        TRAN  デバイス伝送タイプ
         REV  デバイスのリビジョン
      VENDOR  デバイスの製造元
広告を非表示にする