それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

WEBページをオフライン(base64埋め込み) 魚拓化

WEBページをオフラインで保存しておけば用途が広いと思います。
EvernoteでHTMLのママ保存できるが、禁止タグがあってそのまま保存とはいかない。

MHTMLもかなり便利なんだけど、Mhtml形式が非メジャーで成長しない・・

使い方

require 'mechanize'
load "/path/to/patched/page.rb"

m = Mechanize.new
m.get "http://docs.ruby-lang.org/ja/1.9.3/doc/spec=2frubycmd.html"
puts m.page.embed_body

応用する→魚拓編

base64一枚化されると、メリットも大きい。オフラインWEBページをそのまま保存するのでも十分便利です。

gitでバージョン管理で、バイナリ素材を管理しなくてよくなるのでうれしい。

  • ローカル魚拓がとれる
  • PDF 化が楽ちん。スクショとは違うのだよ
  • Evernote などに貼り付けしやすい。
  • メール添付が楽ちん。

などなど、一枚のファイルになった方がとっても便利です。Excel/WORDファイルの方がHTMLより使われているのは上のような1枚の利点があるからだと思う。

HTMLの良さはバイナリコンテンツやスタイルの管理の快適さだから、その二つを併せ持ったHTML→1枚化の自動実行には「計り知りしれない未来がある」と私はずっと信じている。

data URI shcme の 形式でHTMLに埋め込む

スタイルシートの@importにurl() 、スクリプトタグ、イメージタグをちまちま見に行ってる。


gist8685933

プロキシ側でこれ動かせば・・・

プロキシ側で、Base64埋め込みやMHTML化動かせば一回のコネクションですむから楽ちんですよね。ってそれSPDYじゃん。。。。

広告を非表示にする