それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

ログインフォームを見つける簡単な一つの手法

相当にヒューリスティックであるが、これで充分なログインフォームが発見できる

m = Mechanize.new
m.get 'どっかログインフォームのあるURL'
form = m.page.forms.select{|e| e.fields_with(:type=>"password").size == 1 and e.fields_with(:type=>"text").size > 0 }

追加

ユーザーIDのinput でtype=text 省略した場合もあるね。

input type=text の場合 type省略可能だから

m = Mechanize.new
m.get 'どっかログインフォームのあるURL'
form = m.page.forms.select{|e| e.fields_with(:type=>"password").size == 1 and e.fields_with(:type=> nil ).size > 0 }
広告を非表示にする