読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

Raspberry Pi で最初にインストールしてやること

Raspberry Pi買いました。

rs-onlineで3000円程度でした。購入して翌々日には届いていてとても早い納品でした。

(rs-on)

2016-06-02 追記

NOOBSを使わない理由、インストールに時間が掛かるから。
SDにOSイメージを焼きこむのを、PC側からddしたほうが楽なため。

NOOBSで「ダウンロード」「展開&インストール」すると都合2回書き込むのでSDカードがボトルネックになってしまってどうしても遅かった。

本体と用意するもの

  • RaspberryPi本体
  • microUSBケーブル
  • SDカード8GB程度
  • キーボード
  • HDMIケーブル
  • モニタ

これらを用意したら準備完了です。

USBの充電器は重要

USBの充電器は相当重要です。RaspberryPiが起動しない、動かない、画面に何も出ないといった、なれないウチの初期症状は殆ど電源が原因でした。

MacbookのUSBコネクタは1000mA給電が可能なので、もし起動しないと思ったらMacから電源をとってみると電源の切り分けが可能です。

ソフトバンクのUSB充電器やUSB充電器は700mAと記載されてたが、RaspberryPiが起動しないのでハマりました。もしかして、ソフトバンクの充電器は製品表示通りの電流が流れてない?

あるとうれしいもの

  1. USB-Wifiドングル
  2. ケース
  3. RaspberryPi 用microSDアダプタ

無線LANでつなぐほうが便利

WifiドングルはPCパーツショップで500円程度でした。

LANケーブルがせっかく付いているのですが、手軽に使うぶんにはWifiの方が圧倒的に便利ですね。

ケースも一緒に買うと嬉しい感じです

単なるLinuxとして使うなら、ケースも一緒に買うと嬉しい感じです。
ただ、ケースに入れてしまうと、せっかくのアナログピンとデジタルピンを使いづらい感じでした。。

SDカードの出張りが気になる。

SDカードの出っ張りが気になるので、必要に応じてMicroSDのアダプタを買うとスッキリして良い感じです。
takuya@air:~/Desktop$ fotolife micro.PNG
(micro)

LinuxのSDカードへのインストール

ddコマンドがあれば、一瞬です。

Debianイメージのダウンロードとインストール

(rasp1)


ダウンロードして

wget http://files.velocix.com/c1410/images/raspbian/2013-07-26-wheezy-raspbian/2013-07-26-wheezy-raspbian.zip

展開して

unzip 2013-07-26-wheezy-raspbian.zip

ddでSDカードにコピー

dd if=./2013-07-26-wheezy-raspbian.zip of=/dev/sdb bs=1M
追記 ダウンロードはミラーからのほうが速いので捗る

本家のダウンロードは激混みなので、JAISTのミラーを使うほうが楽

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

Windowsの場合(Cygwin

もちろんCygwinでいきましょう

SDカードのデバイスの確認

cat /proc/paritions
fdisk -l 

バイスファイルの名前がわかればコピー

dd if=./2013-07-26-wheezy-raspbian.zip of=/dev/sdb bs=1M

Mac OSX の場合

SDカードのデバイスの確認してunmount する。

sudo diskutil list
sudo diskutil umountDisk disk2 #私はdisk2でした


バイスファイルの名前がわかればコピー

sudo ddrescue  2013-02-09-wheezy-raspbian.img  /dev/disk2 --force

ddは遅い&面倒なので dd_rescue を使いました。 dd_rescueは homebrewからインストール。

初回起動

  1. SDカード取り付け
  2. HDMI取り付け
  3. LANケーブル取り付け
  4. USBキーボード取り付け

これらが終われば、電源を挿したら起動します。LANの黄緑色のランプが付いたら正常起動です。

無事起動したら、初期設定

(raspi-config)

無事起動したら初期設定ウィザードが起動します。

初期設定でやること

  • Expand SD
  • SSHを有効に
  • 言語とキーボードの設定

Expand filesystem

SDカードの容量をめいいっぱい使えるようにします。

Internationalisation Options

国際化対応です。

change locale

特に問題がなければ、ja_JP.UTF-8を選びます。

time zone

特に問題がなければ、 Tokyoを選びます。

keyboard

キーボード設定です。

[Generic 105-key (Intl) PC] → [Japanese] → [Japanese]

ユーザーの作成

自分のユーザー名で使うほうが嬉しい感じです。

takuyaユーザーを作ってsudoを使えるようにします。

adduser takuya
usermod -aG sudo takuya

エディタ

とりあえずエディタvimを入れましょう

apt-get install vim

このへんは通常のLinuxと同じですね。

USB-Wifiを使えるようにします

ネットワーク設定を変更します。

sudo vi /etc/network/interfaces

wifiなのでDHCPからIPもらうようにしました

 iface wlan0 inet dhcp
# iface wlan0 inet manual

wifiの設定を書き足していきます。

# wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

WifiのパスワードやSSIDを書き足していきます。

sudo su
cd /etc/wpa_supplicant
wpa_passphrase ESSID_NAME PSK_PASSWORD >> wpa_supplicant.conf
exit

wpa_supplicant.confにパスを書き込んだら、次に細かい設定。

我が家はWPA2-PSKなのでそう書いておきます。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid="my.ssid.name"
        proto=WPA2
        key_mgmt=WPA-PSK
        #psk="password_password"
        psk=aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
}

これでwifiを有効にします

sudo ifdown wlan0
sudo ifup wlan0

sshでアクセスします

最後にSSHの公開鍵でアクセスしたら終了ですね。

takuya@mac-server : ~ $ ssh-copy-id 192.168.111.119
takuya@mac-server : ~ $ ssh 192.168.111.119

これで、準備完了です。

初回設定ウィザードをもっかい起動したい

raspi-config コマンドをroot権限で起動します。

takuya@raspberrypi ~ $ sudo raspi-config

時間がかかるのはディスクイメージのダウンロード

ディスクイメージのダウンロードは回線速度が500k程度なので、事前にやっておくと嬉しい感じです。

(rasp2)

ソフトウェアのインストール

通常のdebianubuntuと同じですね。

sudo apt-get install aptitude 

まずは、iPhoneair Server化がオススメ

とりあえずなんかやってみたいと思ったら、Air Play の Air Server にしてみると、ちょっと感動出来ます。サウンド出力が付いているので早速活用出来ます。

Raspberry Piを「AirPlay化」して音楽をストリーミングする方法 | ライフハッカー[日本版]

UPSもつけましょう




参考資料

http://openrtm.org/openrtm/ja/node/266
http://smash-panic.com/creativenture/mylog/?p=271
http://blog.kunnyon.mydns.jp/?p=302
http://www.lifehacker.jp/2013/03/130306raspberry_piairplay.html











# 2016-09-22 追記 ブクマコメントへの返信

> @C_L 2015/08/05
> 2年前の記事だった Raspbian以外使うのはやっぱ大多数とは違う道だから最初におことわりをいれたほうがよい
> あとUPSに使うのはELECOMとかの充電しながら放電できるモバイルバッテリーがよい



「Raspbianが一般的じゃない。??」Raspbian以外使うというのは?NOOBと言いたいのか?いまのでもRaspbianだけで問題ないし、OS切り替えるなんてまずやらないでしょ?日付を煽ってくるのはどうかと思う。私のブログは基本的にDeiban GNU/Linux ですよ?NOOB いれてからRasbian入れるのはひと手間多いし、NOOB使うとOSイメージの転送速度が遅いから全くおすすめしないね。

NOOB以外にもインストール方法はいろいろあるし、NFS経由でOS起動してもイイんだよ。cmdtxt を書き換えて自分でカーネルとROOTFS指定してもエエんやで?

広告を非表示にする