読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

Graphiz の基本的な使い方を学んで連絡網を作る

graphviz という有向グラフを使うのに最適なツールが有りまして

テキスト・エディタで、アスキーアートを描くように書き下していけば、きれいな図になるので、楽しそう。しかも、テキストファイルなので、差分の確認をGit管理ですることができるので便利そうじゃん。

コレを使って緊急連絡網を管理すると楽そうだったので、勉強がてら試してみた

graphviz の使い方

graphviz では dot ファイルを作る。

dot ファイルはWORDに関連付けられてることがあるので注意する。

open sample.dot 

とすれば、Graphvizのアプリケーションが変換済のグラフをプレビューしてくれる

ファイルに書き出すにはdot コマンドを使う

dot コマンドでPDFに書き出す

dot -T pdf sample.dot -o sample.out.pdf 

dot コマンドでpngに書き出す

dot -T png sample.dot -o sample.out.png

dot コマンドでjpgに書き出す

dot -T jpg sample.dot -o sample.out.jpg

dot コマンドでsvgに書き出す

dot -T svg sample.dot -o sample.out.svg

01 はじめの一歩

graph g {
    "hello world"
}

これを変換すると、以下のように図形が出力される。 sample1.dot

ここで覚えること

  • 文字列はクォーテーションで囲むことが出来る。
  • graph { } のなかに、図形の定義を書く
  • 変換済みの図形を見る方法を覚える

02 コメント

コメントを書くことが出来る。

//ここはコメント
graph g {
    "hello world"
}

sample2.dot

コメントを書いてメモを残すことが出来るので、ミスを見つけることが出来る。

03 線を引く

ノードを複数作って、線でつないでみる。

//線をつける
graph g {
    "日本" -- "近畿地方" -- "大阪";
}

sample3.dot

言葉(単語)と言葉を、 -- でつなぐと線を書く命令文になる。

04

先に矢印を付けて、向きを明示する。

//向きをつけるときは digraph
digraph g {
    "日本" -> "近畿地方" -> "大阪";
}

sample4.dot

先に向きをつけるときは graph でなく、 digraphを使う

05 ノードを複数作ってもつないでくれる

ノードを、複数個に2個ずつに分けて書いてもチャントつないでくれる。

//別々に書くのもありsam
digraph g {
    "日本" -> "近畿地方";
    "近畿地方" -> "大阪";
}

sample5.dot

06 ラベルをつけることが出来る

線にラベルを引く

//ラベルをつけることが出来る
digraph g {
    "日本" -> "近畿地方"[label=地方名];
    "近畿地方" ->"大阪"[label=主要都市];
}

sample6.dot

線にラベルをつけて関係性を明示することが出来る。

ラベルは、ノード、グラフ、線の全てに書くことが出来る

07 ノードの形を変える

ノードの形を好きな様に変える。

//形を変えることが出来る
digraph g {
    "日本"[shape=box];
    "近畿地方"[shape=hexagon];
    "大阪"[shape= doublecircle];
    "日本" -> "近畿地方"[label=地方名];
    "近畿地方" ->"大阪"[label=主要都市];
}

sample7.dot

ノードごとに、形や色、フォント、ラベルなどの属性を指定することが出来る

08 まとめて指定する

同じような属性を逐次書くのは、面倒。これらをまとめて、基本属性として定義することが出来る

//全部のノードをまとめて指定したい
digraph g {
    node[shape=box,style=filled,fillcolor="#777777",fontcolor="#cccccc",color="#990000"];
    "日本" -> "近畿地方"[label=地方名];
    "近畿地方" ->"大阪"[label=主要都市];
}

sample8.dot

09 ノードやラベルが増えても適当に配置してくれる

dot レイアウトは、出来る限り重ならないように、計算して配置してくる

//ノードのラベルは、重ならないように適当に配置される。
digraph g {
    node[shape=box,style=filled,fillcolor="#777777",fontcolor="#cccccc",color="#990000"];
    "日本" -> "近畿地方"[label=地方名];
    "近畿地方" ->"大阪市"[label=政令市,style=bold];
    "近畿地方" ->"神戸市"[label=政令市];
    "近畿地方" ->"京都市"[label=政令市];
}

sample9.dot

もちろん、レイアウトを変えたり、余りに多い時は多少重なることもあるけれど。

10 ちょっとした図を書いてみる。

ここまで、覚えたことで、ちょっとした図を書くことができるようになる

//これだけで、ちょっとした図を書くことができるようになる。
graph g {
    graph[label="大阪から60分で行ける限界"]
    node[shape=rectangle,];
    "大阪"   -- "京都"[label="40分"];
    "大阪"   -- "神戸"[label="20分"];
    "京都"   -- "草津"[label="20分"];
    "天王寺"   -- "奈良"[label="35分"];
    "天王寺" -- "堺市"[label="10分"];
    "天王寺" -- "京橋"[label="15分"];
    "神戸"   -- "姫路"[label="40分"];
    "大阪"   -- "天王寺"[label="20分"];
    "堺市"   -- "日根野"[label="30分"];
    "大阪"   -- "宝塚"[label="30分"];
    "宝塚"   -- "三田"[label="10分"];
    "神戸"   -- "西神中央"[label="40分"];
    "大阪"   -- "京橋"[label="5分"];
    "京橋"   -- "枚方"[label="15分"];
    "京橋"   -- "京田辺"[label="40分"];
//  "大阪"   -- "伊丹空港"[label="バス40分"]
//  "神戸"   -- "伊丹空港"[label="60分"]
//  "宝塚"   -- "伊丹空港"[label="35分"]
//  "神戸"   -- "神戸空港"[label="30分"]
//  "神戸空港"   -- "関西空港"[label="高速艇30分"]
//  "伊丹空港"   -- "関西空港"[label="バス120分"]
}

sample10.dot

11 レコードとして図にすることが出来る

クラス図や、データベースのテーブル定義、エンティティ図などにも使えるRecordというレイアウトがある。バイナリツリーなんかもコレでかける

//ちょっとしたレコードを図にすることが出来る
digraph sample {
    takuya [shape = record,label = "{takuya|090-9999-9999|takuya@example.com}"];
}

sample12.dot

12 これらをあわせて、連絡網を書いてみた

緊急連絡網を図にするのは、面倒だし、手作業で作るのは管理が大変なので、Dotを使ってPDFにしてみたりすると、こんなかんじになる。

//ちょっとした連絡網くらいなら、パパっと作れそうじゃん
digraph sample {
    graph[label="緊急連絡網",layout=dot]
    たくや [shape = record,label = "{ たくや |090-9999-9999|takuya@example.com}"];
    まさのり [shape = record,label = "{ まさのり |090-9999-9999|xxxx@example.com}"];
    ひろかず [shape = record,label = "{ ひろかず |090-9999-9999|xxxx@example.com}"];
    のぶや [shape = record,label = "{ のぶや |090-9999-9999|xxxx@example.com}"];
    こうじ [shape = record,label = "{ こうじ |090-9999-9999|xxxx@example.com}"];
    ひろあき [shape = record,label = "{ ひろあき |090-9999-9999|xxxx@example.com}"];
    しょうご [shape = record,label = "{ しょうご |090-9999-9999|xxxx@example.com}"];

    たくや -> まさのり;
    まさのり -> のぶや;
    のぶや -> こうじ;

    たくや -> ひろかず;
    ひろかず -> ひろあき;
    ひろあき -> しょうご;

    しょうご -> たくや;
    こうじ -> たくや;

}

sample13.dot

結構いい感じに連絡網出てきた

out

感想

dot 奥が深い。手作業で書いた図を適当に整形してくれると便利なのにな。

やっぱり並べ替えとか考えるとAdobeイラストレータは最強なんだな・・・

でも、連絡先.app から適当に電話番号をCSVにして、順番を書けば連絡網になるのは便利だな。

参考資料

Graphvizレイアウトサンプル

グラフ全体の属性

レコード

http://www.graphviz.org/content/attrs

広告を非表示にする