読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

ls -l コマンドで年を表示したり、ファイルの日付の表示形式を変えるには。

ls -l コマンドに年が無い。。

ls -l でファイルのタイムスタンプを確認。

$ ls -l  test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349  5  6 17:40 test.rb

何年のファイルかぱっと分からない。最近のディレクトリならかまわないけれど、何年も使っているLinuxのシステムだとファイルの月日だけは不十分だ。

--full-time オプションを使う。

そんなときは --full-time オプションを使えば便利。

$ ls -l --full-time test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349 2014-05-06 17:40:23.000000000 +0900 test.rb

これで、年月日を確認できるようになる。

full-time 見にくいよね?

詳細すぎて冗長だわ。

そんなときは date コマンドスタイル。で "2014-05-06 17:40:23"形式

$ ls -l --time-style=+%Y-%m-%d\ %H:%M:%S test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349 2014-05-06 17:40:23 test.rb

date 今度の書式で、日付が西暦から表示されて便利になる。2014-05-06 17:40:23 となる。

それでも、+%Y-%m-%d\ %H:%M:%Sは覚えやすいけど、打ちにくい。そこで long-isoをつかう。

alias lly="ls -l --time-style=long-iso"

これで少し楽になると思います。

詳しくは man page ( gnu ls の場合)

  --full-time
       like -l --time-style=full-iso

   --time-style=STYLE
              with -l, show times using style STYLE: full-iso, long-iso, iso, locale, or +FORMAT; FORMAT  is
              interpreted  like  in  'date';  if  FORMAT is FORMAT1<newline>FORMAT2, then FORMAT1 applies to
              non-recent files and FORMAT2 to recent files; if STYLE is prefixed with 'posix-', STYLE  takes
              effect only outside the POSIX locale

man を読むと・・・ --time-style

ls -l --time-style=XXX

このXXXの部分に、いくつも使えることが分かる。

--time-styleの実行例

--time-style=iso

$ ls -l --time-style=iso test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349 05-06 17:40 test.rb

full-iso

$ ls -l --time-style=full-iso test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349 2014-05-06 17:40:23.000000000 +0900 test.rb

long-iso

$ ls -l --time-style=long-iso test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349 2014-05-06 17:40 test.rb

locale

$ ls -l --time-style=locale test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349  5  6 17:40 test.rb

+%Y-%m-%d

$ ls -l --time-style=+%Y-%m-%d test.rb
-rw-r--r--+ 1 staff 1349 2014-05-06 test.rb

date スタイル使えるの便利だね!

広告を非表示にする