読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

シェルスクリプトを実行する (JavaScript for OSX )

シェル・スクリプトを実行すると世界が広がる

アプリにシェル・スクリプトを実行させることが出来ます。

var app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true
app.doShellScript(" echo 1 " )

シェル・スクリプトの戻り値も取れます

var app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true
var ret = app.doShellScript(" echo 1 " )
ret //=> 1

戻り値を使って色々

今日の日付を取得したり

var app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true
var today = app.doShellScript(" /usr/local/bin/date -I  " )
today //-> 2014-12-08

Privileges の例外が出る場合。

これは、システムの環境設定で、権限を付与したらイケルと思います。(⇛参照

ruby起動したり

var app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true
app.doShellScript(" /usr/bin/env ruby  -e 'puts true' " )

現在のIPアドレスを調べたり

var app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true
current_ip = app.doShellScript(" ipconfig getifaddr en0 " )

まとめ、コマンドを実行できると無限に広い

今回の基本構文は、次のとおりです。

var app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true
var ret = app.doShellScript(" echo 2 " )//<=ここにコマンドを書く

Applicationにない機能(doShellScript)を includeStandardAdditionsで有効にして、シェルを実行しました。

広告を非表示にする