それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

dpkg-reconfigureなどでダイアログ以外を選択して表示スタイルを変えたい。

dpkg の選択肢の表示を変えたい。

dpkg の選択肢の表示をダイアログじゃなく、単なるテキストの文字列入力でやりたい。

ncursesで作られてると思われるDialogは日本語で表示が乱れたり、tty設定が甘くて表示が崩れたり、シリアルコンソールでうまく行かなかったり。

表示は文字列だし、選択も文字列なんだから、単純に文字列を表示して、文字列をreadしてくれたらいいのにと思ってた。調べてみたら。簡単にできるじゃん。

dialog

ダイアログを選んでいると、選択をキーボードで入れることになる。

f:id:takuya_1st:20211123043445p:plain

readline

readlineを入れると、標準出入力で渡すことができる。

dpkg -f readline 

f:id:takuya_1st:20211123043458p:plain

nointeractive もいいけど。

readlineも使いやすいよ。

デザインが崩れるとき。

diaglog ( curses / ncurses ) とかでtty で「デザインが崩れる」ときは、 --frontend=readline / -f readlineで指定すれば、問題が解決しそうですね。

設定の確認

takuya@:~$ sudo debconf-show debconf
  debconf-apt-progress/title:
  debconf-apt-progress/info:
  debconf/frontend: Dialog
  debconf-apt-progress/media-change:
  debconf/priority: high
  debconf-apt-progress/preparing:

参考資料

https://askubuntu.com/questions/667493/change-of-graphical-text-interface-to-completly-text-interface#:~:text=From%20man%20dpkg-reconfigure%3A%20-ftype%2C%20--frontend%3Dtype%20Select%20the%20frontend,so%20you%20actually%20get%20to%20reconfigure%20the%20package.

https://tokyodebian-team.pages.debian.net/html2005/debianmeetingresume2005-fuyuse2.html

rootFSにluks + LVM を用いたときのfstrim

fstrim / discard できない

luks + lvm で構成された root ファイルシステムは、fstrim ができない

$ sudo fstrim -v / 
Operation not permitted.

対策。

discardオプションを使って dmsetup する。

設定 /etc/crypttab

ubuntu_dm_crypt-0 UUID=4aa....  none  discard,luks

設定2 lvm.conf

issue_discards=1

設定3 /etc/fstab

UUID=XXX-XXX/ ext4 defaults,discard 0 0

fstab に discard を書くと、fstrim しなくても rm 実行時に fsrtrim が走る。rm が遅くなる諸刃の剣。

設定2,3について

LUKS しているなら、 crypttab は必須。

lvm.conf のissue_discardは、fstabをdiscardが優先される。 fstabにdiscardを書いていたらlvm.conf記載がなくてもfstrim できる。

個人的には、 fstab でいいと思う。discardでマウントしても、nvmeのディスクのrm速度は気にならない。

参考資料

apt installed automatice のなぜ(Why)をしり、どこからインストールされたかをたどる。

apt installed automatice のなぜ(Why)をしり、どこからインストールされたかをたどる。

どこでイントールされたんだお前は。

インストール済み/自動installed / automatic って出てくるけど、どこからインストールされたのか知りたい。

古の技術

aptotuide why bsd-mailx

aptitude は最近使われないので困りますね。

apt-chache を使います。

takuya@:~$ apt-cache --installed rdepends bsd-mailx
bsd-mailx
Reverse Depends:
  unattended-upgrades
 |logrotate
 |automysqlbackup

apt にはなかった

man apt で調べたけどなかった

参考資料