それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

GNU mc(:midnight commander)でファイラ使うと楽しい。

ようやく名前がわかったので使ってみた。

昔、教授が使ってて、なんやこれ!楽しそうと思ったファイラ。「これDOSですか?」「いいやちがうよ、古い頃から使ってるMS-DOSみたいなもんだな」「なんで?Finderあるじゃないですか?」「コレがいいんだよコマンドからはなれるとコレが使いやすいんだよ」

当時は何のことを指しているのか全く理解できませんでした。

MS-DOS時代を彷彿とさせるユーザーインターフェース。楽しそう。でも名前を忘れてて何かわからなかった。試すこともしなかった。

今日ふとした瞬間に見つけて懐かしい感じなにった。

Midnight Commander とは

Midnight Commander はビジュアルファイルマネージャです。ファイルやディレクトリー全体のコピー・移動・削除や、ファイルの検索、サブシェルでのコマンドの実行ができます。ビューアやエディタも内蔵しています。 Ncurses や S-Lang のような汎用のテキストインターフェイスを使っているため、通常のコンソール、X Window ターミナル、または SSH 接続を介してリモートシェルでも動作します。

Macにもインストール

takuya@~$ brew install  midnight-commander

Linuxにインストール

sudo apt install mc

起動

(Terminal.appの方が自然に動く気がする)

takuya@~$ mc

操作方法

マウスが使える(!)ので操作は最初はマウスからなれる

ファンクションキーを楽しむ。

ファンクションキーで操作するあたりが、もうね、もうね、DOS時代です。

ファンクションキーの存在意義が曖昧にな現代のコンピュータで、ガンガンファンクションキーを使いまくる。

ファンクションキーに気づくことが出来る。F1-10が昔は如何様に使われいたか、そして現代ははどうなったのかを一瞬で体験できる。

f:id:takuya_1st:20170308152321p:plain f:id:takuya_1st:20170308153953p:plain

ssh 経由で強さを発揮する。

SSH経由でターミナルだと、ファイル名を補完したり入力するのすらめんどくさいことが多いので、コレは最高だ。

NASのリモートサーバーにMC入れたら捗る。 ファイルの管理がすごく楽になった。コマンドだと ls 叩きまくりだしなぁ

とくに日本語ファイルが多くて補完が大変なときなどに重宝する。

ログインしたら bashの代わりに mc 起動する公開鍵設定

もう、bash起動する必要なかったら、mc 直接起動しちゃえばいいんじゃないかな。

.ssh/authorized_keys

command="mc"  ssh-rsa  AABIwAAAQEA4pJgjWmRfoAZ6Ippi

楽しかった

まぁEmacsVim NERDTree使えって話なんだろうけどね。

最初はとっつきにくいかもしれないけど、VNCやRDP上げてファイル操作するより、インストールも設定も楽だと思います。 なによりパケット量気にしない使えるのも嬉しい。

欠点といえば、画像をプレビューできないところくらいか。

昔からの人には当たり前なことだと思う。教授も日常で使ってたし。

昔からのCLI経由のインターフェースって完成されてるよね。。

関連資料

http://takuya-1st.hatenablog.jp/entry/20110813/1313252992

参考資料

広告を非表示にする