読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

MacOSX のssh-agent/ssh-addでSSH秘密鍵のパスフレーズをKeychainsに保存する。

osx

ssh-agent でパスフレーズ解除の鍵をストック

ssh 秘密鍵パスフレーズを毎回入力するのを省くには、ssh-agentとssh-add を使う。

ssh-add -K

使い方は簡単。

ssh-add -K path/to/identity

-K をつけるとkeychainsにパスフレーズも登録らしい。

ssh-agent は 最初から有効になっている。

この辺は、さすがOSX is UNIXという感じ .

f:id:takuya_1st:20160421181708p:plain

ssh-agent は keychains と連携する。

Mac OSXのパスフレーズやパスワード、秘密鍵、暗号鍵は、すべてKeychainsで管理されるのが基本設計になっているの。

ssh-agent も ssh-add も keychainsと連携するように作られてる。

f:id:takuya_1st:20160421182525p:plain

注意点 brewssh を入れてるとkeychains 連携がない

homebrew の openssh や libsshを使ってて、 brew linkした場合では/usr/local/bin/{ssh,ssh-add} を使ってるので、これらはkeychainsのsecurity 関連APIと連携しないので使えない。

広告を非表示にする