それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

ファイルの属性情報を表示するコマンド stat

ls の情報より詳細なファイルの情報を確認するためには。

stat を使います。

stat ファイル名
実際にやってみた例。

stat コマンドを用いて、ファイルの詳細な情報を表示します。

takuya@~/.Desktops/2016-03-02-desk$ stat IMG_1347.jpg
  File: 'IMG_1347.jpg'
  Size: 1408177     Blocks: 2752       IO Block: 4096   regular file
Device: 1000004h/16777220d  Inode: 84376371    Links: 1
Access: (0644/-rw-r--r--)  Uid: (  501/  takuya)   Gid: (   20/   staff)
Access: 2016-03-13 23:54:13.000000000 +0900
Modify: 2016-03-13 04:16:57.000000000 +0900
Change: 2016-03-13 04:16:57.000000000 +0900
 Birth: 2016-03-13 04:16:56.000000000 +0900

stat で取得できるファイルのの属性情報詳細とは?

stat コマンドで表示されるのは、OSのstat システムコールの情報らしい。

stat で表示されるのは、ファイルシステムext4 / HFS+ /NTFS ) に格納されているファイルの属性情報になります。

画像ファイルのGPSメタデータやWordファイルの作成者などは、ファイル中身に書かれているもの。

取得できるのは作成者、アクセス日時、権限、更新日時、作成日時、ファイルサイズなどファイルシステムが管理用に持っているものになる。

stat の他の類似コマンド

種類 意味 確認コマンド
atime access time ls -u --full-time
ctime change time ls -l --full-time
mtime modify time ls -c --full-time
acl access control list getfacl
getfacl の例
$getfacl  ~/public_html/
getfacl: Removing leading '/' from absolute path names
# file: home/takuya/public_html/
# owner: takuya
# group: takuya
user::rwx
user:www-data:r-x
group::---
mask::r-x
other::---

参考資料

Linuxにおけるファイルのタイムスタンプ (atime/ctime/mtime) - weblog of key_amb

Man page of STAT