それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

OSXでNumbersはソコソコ使える、というか理想のスプレッドシートかも

Numbers 超お気に入り。

(スクリーンショット 2013-04-03 3.57.59)

Numbersは結構使える。しかも安い。$20(2013-04-03のレートで1700円)
表計算ソフトです。LibreOfficeでも構わないけど、個人的にはNumersが軽快で使いやすい。
もちろんMac Office2011を持っていますが、Numbersを使うことが多いです。

豊富なテンプレ

TODOリスト的なチェックリストなら、5秒で作れて便利。
(スクリーンショット 2013-04-03 3.49.00)

重要な特徴ー新しい概念

これは表計算ソフトの新しい概念が含まれている。従来のスプレッドシートとはちょっと違う。
1ページ内に、複数表を作ることが出来る。

Numbersの表は2つ3つの表を気軽に並べられる

(スクリーンショット 2013-04-03 3.49.31)

ページ中に、表を簡単に複数作れるので、あの忌々しいExcel レイアウトを作らなくていい。
Office2011に方眼紙のテンプレが採用されたのと正反対ですよ。
Appleは表計算ソフトとしてレイアウトをキッチリできるように設計されている。

さようならエクセル方眼紙。こんにちはNumbers

さようならグリッドレイアウト。
ページ中に複数の表が作れるの。お気に入り。
(スクリーンショット 2013-04-03 3.50.00)

複数表を自由に配置できるので、Excel方眼紙が要らない。セル結合でレイアウト整える必要なし。

スプレッドシートって左上しか使わないじゃん?

スプレッドシートで一番良く使う「左上」。小さい表をいっぱい作って一覧できます。
(スクリーンショット 2013-04-03 3.51.03)

小さなA1〜D5表を沢山作れるのほんとうに便利。

Excel使ってると左上の小さなシートが数多くて閲覧時にイラッとくる。
けど、Numbers使えば悩みから開放される。

なにより、小さいシートの集合体でページを構成できるので、打合せ議事録のようなシートでも「課題・日付」の共通部分の表と「会議で使う表」「データ定義」などメタデータとコンテンツをちゃんと別表にすることが出来る。SEさんが欲しい理想のスプレッドシートがNumbersだと思います。

シート中に複数表とグラフ

エクセルには出来ないよね・・・あれはオブジェクトとして入るので・・・
オブジェクトとしてリンク貼り付けとかしなくていい。楽ですねぇ

オブジェクト一覧が便利

(スクリーンショット 2013-04-03 3.50.05)
ページ→シート→オブジェクト(表、グラフ、イメージ)と言う階層構造が美しい。

これから表計算ソフトの理想的な提案だと思います。

他にも

Mac OfficeではショートカットKeyがOSXのそれとは違うんですけど、Emacs的ショートカットが使えて感激

合計や平均も選択するだけで表示される
起動が早い

など1700円でここまで使えたら充分じゃないですかね。

互換性

Excelのファイルは開くことが出来るし、XLSで保存できる。CSV
(スクリーンショット 2013-04-03 3.53.08)


もちろん、あのExcelの毒々しいレイアウトは、100%そのまま再現というわけには行かないですが。。ぱぱっと使える自分専用の表計算ソフトにはもってこいで気に入ってます。

広告を非表示にする