それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

eth0と、eth1の情報を知る方法

ethtools という便利なコマンドがあります。

ethtools

ethXの設定を行うことができます。
半二重固定とか、100/1000 を切り替えたり結構いい感じに使えます。

情報を知る

 sudo ethtool eth2
Settings for eth2:
	Supported ports: [ TP MII ]
	Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full
	                        100baseT/Half 100baseT/Full
	Supported pause frame use: No
	Supports auto-negotiation: Yes
	Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full
	                        100baseT/Half 100baseT/Full
	Advertised pause frame use: No
	Advertised auto-negotiation: Yes
	Link partner advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full
	                                     100baseT/Half 100baseT/Full
	Link partner advertised pause frame use: No
	Link partner advertised auto-negotiation: Yes
	Speed: 100Mb/s
	Duplex: Full
	Port: MII
	PHYAD: 8
	Transceiver: internal
	Auto-negotiation: on
	Supports Wake-on: pumbg
	Wake-on: g
	Current message level: 0x00000001 (1)
			       drv
	Link detected: yes

結構コレが便利に使えて。

仮想nic に対して、コマンドを打ち込むとこうなる。

sudo ethtool bond0:1
Settings for bond0:1:
	Link detected: yes
|<
**このネットワークの情報はこうなっている
>||
takuya@cheese:~$ sudo ifconfig bond0:1
bond0:1   Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 00:1d:7d:7a:f5:71
          inetアドレス:192.160.95.84  ブロードキャスト:192.168.95.255  マスク:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MASTER MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1

物理NICとは違いが明らかじゃないか。何かに使えそうね。

広告を非表示にする