それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

重要でない事柄をメモると、逆に重要なメモに集中できる。

要点以外をメモることが大事、頭に浮かんだことを片っ端からメモっておく。

このおかげで重要なことに集中できるようになった。些細なことで何度も迷うことを防げた。同じ情報から同じ事を連想することが多いのだけど、メモのおかげで「あ、これ以前も考えてた。」と気づくことが出来る。

些細なことほど書いて忘れちゃえばいい

頭に浮かぶ些細なことをメモに書き留めておけば、考え続けてグルグル回ることがない。脳みそも限界があって、考えられる総量に上限があると思った。もちろん記憶領域の限界もある、そのため「考えていた」という事実を忘れ、新しいアイディアとして思いたりする。それで同じ妄想を何度もなんども繰り返していることがある。

ちょっとしたアイディアの繰り返しが疲れる。

ちょっとしたアイディアがたくさん思いついて困る。疲れる。メモを取ればこの妄想の連鎖に終止符を打てる。

なぜならメモを見返し、以前に同じ事を考えて同じ結論に達しいた記憶を掘りおこす。前もやったよねって思い出す。メモを繰り返しとってみて、繰り返して、記憶せずに何度も同じ結論に達したり、同じところで迷っていたことに気づいた。同じところで迷って悩んでスパイラルに陥っていた自分に気づくことが出来た。

このあいだKindleを買ったんだけど

Kindleを買うのに1ヶ月以上同じ事を考えた自分に気づいた。
・E−Inkが発色悪かったらどうしよう
・納期はどれくらいだろう
・$1が¥82より高いときが良いな
epub読めないのは困るな
・送料はどれくらいだろう
・関税はかかるのか
・初期不良だと困るなぁ
・Jpeg表示できるんかな
・3G回線使えるってどこまで
・でもKindleあると楽だよなぁ

メモを取るようになって、Kindleを買えずに迷っている自分に気づきました。迷いは同じようなことでグルグル回ってました、不安が不安を呼んで、ケツダンを鈍らせていました。メモを取ってみて、迷ってる箇所がハッキリ形になったことで1つずつ潰していくことが出来ました。

もっとはやくなんでもメモを取るようにすれば良かった。

「メモを取りなさい」小学生のころから学校で教わりました。メモは大事なことについて取るものだと思っていた。

もともと記憶力がズバ抜けていて、大事なことは書かなくても覚えられた。というかメモなんて無くても生きてこれた。

でもいつ頃からか、細かなミスが多発するようになった。

たしか大学受験で心配事が増えた頃から。覚えられなくなった。受験の頃から大事なことが覚えられなくなった。当時は受験にすら影響が出るんじゃないかともっと心配事が増えてさらに不安になった。

ここ数年は、大事なことは忘れないが、必要なときに思い出せない。アンドロイド携帯を買ってきた。GPS連動のリマインダや、時間通知のリマインダを活用したり、GoogleTasksでやることりすとを作ったりした。

それでも結局ダメだった。

記憶力が戻ってきた。

たくさん書き出すライフハックGTD)が、試行錯誤を続ける中で効果を実感できた。

とにかく紙に書く。頭の中の考えや思いを全て紙に書き出す。とてもシンプルな方法(GTD)。それを試してみた。試してからなんかうまくいくようになった。方法はメモに書き出す。たとえるならダウンロード。頭の中からダウンロードして紙とPCに移すイメージだった。日曜の3時間を2回つかって頭の中を空っぽにして、とにかく紙に書いた。ひたすら書いた。たくさんあった、未完了のやりたいことを思い出すたび不安で押しつぶされそうになった。本当に出来るか不安になった、だけど淡淡と書き出すと自分に言い聞かせ、不安を押し返して書き出した。まとめたらB5で4枚にもなった。それで大事なことを忘れないようになった。うまくいくようになった。

書き出した後何をしたか

考えが整理され、気になったこと全部に次にするべき行動を決めておいた。気になったことを次にやることに書き換えた。すると、不安が消えた。具体的な目標になった。大事なことを忘れないようになった。

それで覚えられない理由が分かった、

理由はあっさりした簡単なことだった。理由は考えることが多すぎ だった

考えがまとまらなくなって、1つのことを考えているウチに別の気になることが思い出されて、またさらに考えてしまう。つぎに気になったことを考えているウチにまた別の気になることが出来て、また考えちゃう。この繰り返しだ。この繰り返しをどこかで1つずつ解決する方向に向けなくちゃ。それで思いついたらメモを取り、あとでやる。いまは目の前の事に集中する。それを心がけるようにした。

大脳は24時間つけっぱなしのPCに似てるように思えた。電源を消したりリセットが許されない。大脳は生まれたら、肉体が死ぬまで考え続ける。考え続けるようなデザインになってんだと思うようになった。

24時間つけっぱなしだから夢を見るんだ。寝てる間にデフラグしてるだけでリセットはしてない。

記憶力が落ちるのは忘れられないから?

年齢が過ぎると過去のことや、やりのこしたこと、これからやりたいこと、妄想で頭がいっぱいになってくる。それだと新しいこと・大事なことが覚えられなくなっても当然だと思った。

なので、忘れちゃえ。3歳児が1年後に僕のことを覚えてなかった。それくらい子供はたくさん経験していろいろなことを忘れちゃうんです。僕らも忘れちゃえばいい。ただなんでも忘れると社会生活に支障があるのでメモって忘れちゃえばいいんじゃないでしょうか。

広告を非表示にする