それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

fstab に書いた内容をすぐに反映させるコマンド

NFSを設定していて、fstabに書いた内容をすぐに反映させたいと思った。再起動めんどくさいし、軽くチェックをしたい。

fstab の内容を反映させる

$ sudo mount -a
実行例(CentOS)
[takuya@web takuya]# sudo mount -a
[takuya@web takuya]# mount
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 on / type ext3 (rw)
proc on /proc type proc (rw)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol02 on /var type ext3 (rw)
/dev/cciss/c0d0p1 on /boot type ext3 (rw)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw)
none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
sunrpc on /var/lib/nfs/rpc_pipefs type rpc_pipefs (rw)
nas.utena.jp:/ifs/data/osaka/www on /www type nfs 
(ro,rsize=32768,wsize=32768,bg,nfsvers=3,intr,tcp,retrans=0,addr=192.168.9.5) # ここ適用された

mount の man

       (i) コマンド
              mount -a [-t type] [-O optlist]
       が (通常は起動スクリプトから) 実行されると、 fstab に記述されているすべてのファイルシステ
       ム が (適当なオプションの有無に関わらず、それぞれ適当なタイプで) マウントされる。ただしキ
       ーワード noauto を含む行はマウントされない。 -F オプションを指定すると mount は fork し、
       それぞれのファイルシステムが同時にマウントされる。

と言うことで、mount をすれば fstab が適用されmount が更新されるようです。