それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

rootために全ディスクの5%は残しておく。

root ユーザーは、 飽和したディスクを修復するためには、 コンソールからログインできなければなりません。 一般的に、ディスクサブシステムの容量のうち 5 パーセントは、 root が排他的に使用するのに取っておきます。 [1] これは、root ユーザーがログインして、 ディスクを埋めているファイルの削除を始めるのに充分な量です。

404 - エラー: 404

ディスクが飽和し掛ってるときに、Rootログインし削除作業を始めるために、「5%程度」の空き容量を残しておくと良いらしい。


シリアルコンソールを調べてて見つけた。しかしだ、この記事が書かれた10年前の鉄則は今に通じるのだろうか。5%と言えば、100GB近いぞ。具体的にどういう根拠で5%なのか知りたい。

広告を非表示にする