それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

ディストリビューションを確認する方法

lsb-relesase コマンドを使うのが楽で覚えることが少なくて良い感じでした。。

Linux OSのディストリとバージョンを確認する

$ lsb_release -a

コマンドのインストール

インストール後にコマンドを実行するだけ。

Debian/GNU Linux の場合(Ubuntuなども)
aptitude install lsb-release
実行結果
takuya@nanzen:~$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Debian
Description:    Debian GNU/Linux 5.0.3 (lenny)
Release:        5.0.3
Codename:       lenny
CentOSの場合(Redhatなども)
yum install redhat-lsb
実行結果
[root@web-dtv1 ~]# lsb_release -a
LSB Version:    :core-3.1-ia32:core-3.1-noarch:graphics-3.1-ia32:graphics-3.1-noarch
Distributor ID: CentOS
Description:    CentOS release 5.4 (Final)
Release:        5.4
Codename:       Final

どのディストリビューションでも使える方法

$ cat /etc/issue


/etc/issue ファイルを閲覧すると、ディストリビューション環境に関係なくディストリビューションとバージョンを確認することが出来ます。
ディストリビューション環境に依存しない方法であることが嬉しいですね。

ただ、細かいバージョンが分かりません。細かいバージョンというよりディストリビューションを調べるってコトでしょう。

Centosの例

[root@kodai /]# cat /etc/issue
CentOS release 5.3 (Final)
Kernel \r on an \m

Debiaの例

takuya@debian00:~$ cat /etc/issue
Debian GNU/Linux 5.0 \n \l

/etc ファイルを直接閲覧する場合。

RedHat系は環境に/etc/FOOBAR-release というファイルが用意されているので

cat /etc/*-release

を実行すればいい

centosの場合

cat /etc/radhat-release
CentOS release 5.4 (Final)

deibanの場合

$ cat /etc/debian_version
5.05
$ cat /etc/issue
Debian GNU/Linux 5.0 \n \l

Debianの場合はreleaseファイルがないので、直接ファイルを見る必要がある。

まとめ


linuxのOSを調べたり、LinuxOSのバージョンを表示するコマンド

コマンドはディストリビューション環境のバージョンと、どのディストリビューションかを確認すルコトが出来る。

  1. lsb_releaseコマンドのインストールと実行
  2. /etc/issue ファイルの確認
lsb_release -a 
cat /etc/issue 
uname -a

が確実なようです。

/etc/issue ファイルについて

このファイルはSSHでログインしたときやFTPでログインしたときなどに使われるようです。

/etc/ssh/sshd_config
 70 #Banner /etc/issue.net

等と使われていました。