それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

apt-getインストールのウィザードをやり直す。

Apt(aptitude/apt-get)でインストールすると青い背景画面で、インストールウィザードが表示されます。
インストール終了後に設定を、やり直したいと思った。どうするのだっけ。

dpkg-reconfigure コマンドを使う。

sudo dpkg-reconfigure パッケージ名
たとえば、mysql の設定をする。
sudo dpkg-reconfigure mysql-server-5.0 
たとえば、debconfを設定する。
sudo dpkg-reconfigure debconf


aptインストール中にの設定ウィザードの悲劇を防止する。 - ブックマクロ開発に

青い背景は変えられます。

コマンドラインのReadlineを使ったモノにしたり、ウィザードを一切表示せずにデフォルト設定でインストールしちゃってというコトも出来ます。(debconf設定)

これを知らなかったので、すごく時間掛かってた。

設定もパッケージ実体も両方入れ直して、パッケージをインストールし直してたので、無駄が多かったみたい。

パッケージを消して入れ直す

今までやってた方法。

aptitude purge パッケージ名
aptitude install パッケージ名

キャッシュからインストールするので通信時間はないとはいえ、インストールウィザードが表示の設定をチョット間違えた。それくらいでパッケージインストールし直しは時間がもったいない。

/etc/以下を書き換えるのが正当なんだけどね。馴れないパッケージインストールだとdpkgのウィザードが便利でしょ。やっぱ

広告を非表示にする