それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

hg mercurialをゼロからインストールする(Pythonもいれてない、TortoiseHGも使わない編)

hg mercurialをゼロからインストールする(Pythonもいれてない、TortoiseHGも使わない編)

HGMercurialのインストール(Pythonもいれてない、TortoiseHGも使わない編)

インストールは環境変数をさんざんいじくり回すので注意。

全体の流れ。

  1. Pythonをインストール
  • PythonのPATHなどを設定
  1. MinGWをインストール
  • MinGWのPATHなどを設定
  1. mercurialを取得展開

Pythonをインストール

Pythonをダウンロード。

Windowsインストーラーをダウンロード

http://www.python.org/download/

PythonのPATHなどを設定
HOME=d:/users/takuya
PYTHONPATH=%HOME%/python26
PATH=%PYTHONPATH%;%PATH%

環境変数Windowsキー+Pauseでマイコンピュータのプロパティから変更
または、WSH(JS)で事前に作っておいてもいい。→WSHで環境変数を書き換える

コマンドプロンプトを開いて確認

C:\Documents and Settings\takuya> python -V #←大文字だから注意
Python 2.6.5

python -v (小文字)は意味が違うので注意

MinGWをインストール

MinGWを使えって。MinGWでコンパイルが必要なそうです。

MinGWのPATHなどを設定
MINGWPATH=%programfiles%/mingw/bin
PATH=%MINGWPATH%;%PYTHONPATH%;%PATH%

mercurialをビルド

C:\Documents and Settings\takuya\mercurial> python setup.py build --force -c mingw32
C:\Documents and Settings\takuya\mercurial> python setup.py install --force --skip-build

mercurialを実行可能にする。

mercurialは次の場所にインストされた。

	%PYTHONPATH%/Scripts/hg       #pythonソース
	%PYTHONPATH%/Scripts/hg.bat   #pythonを実行するバッチ

hg にPATHを通す

	%PYTHONPATH%/Scripts/hg.pyi
PATHEXTをいじってhgが拡張子なしで実行されるようにした。
	pyi:を拡張子登録。
	PATHEXT=%PATHEXT%;.PIY

これでhg.batなくてもhg.pyiを動かせる。
shebang を使う代わりに拡張子とレジストリを使わなくちゃいけないのがWindows.ちょっとめんどくさい。

よく考えたら、WSHPython実行するのでもよかった。

広告を非表示にする