それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

nginx の fastcgi_cache_lock が便利

nginx → php-fpm への同時リクエスト数制御

nginx の設定をしていて 負荷をかけたときに、nginx → php-fpm へ同じURLのリクエストが1本しか飛ばないので不思議だった。

fastcgi_cache_lock

fastcgi_cache_lock

When enabled, only one request at a time will be allowed to populate a new cache element

nginx から fcgi で キャッシュをしていると、複数同時に、リクエストが来ても最初の一発でキャッシュが生成されるまで、次のリクエストのレスポンスは待たされる。

なるほどね。キャッシュが生成リクエストを絞ってくれるのでこれはいいな。

大量に画像を生成してインデックスしてくれるので写真のアルバム系アプリやブログ系など、ユーザーごとに内容が変わらなくて、かつ生成に時間がかかるものはとっても負荷がおちるし、作成も同時接続数を考えずにバンバンリクエスト投げればいいっていうHTTPの根本をいじらなくていいのは素敵だと思った。

参考資料

http://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_fastcgi_module.html#fastcgi_cache_lock_age

itunesで取得したバックアップの場所(path)を調べてバックアップを取得する

iTunesiPhoneのバックアップを取ったものを保存しておきたい。

iTunesで取得したバックアップを、どこかストレージに放り込んで保存しておきたい。

バックアップの場所をぱぱっと調べる方法

iTunes からバックアップ一覧を閲覧して 右クリック をすることでファイルの場所が表示される。

f:id:takuya_1st:20180626161908p:plain

保存されていた場所

わたしのMac場合、次の場所に保存されていました。

~/Library/Application Support/MobileSync/Backup

なんでこんなことをするのか、バックアップを取得して世代管理をするとなると、iCloudでは物足りないし、MacやPCに保存していたらデータ容量が大きくなるので管理がめんどくさい。

iTunesに書き出す利点

バックアップからの復元操作が早い。でもAppsのバックアップを取得できなくなってしまったので、メリットはなくなったかもしれない。復元後にアプリがAppleApp Store 経由のインストールに限られるので、時間が半端なくかかるようになってしまった。

それでもUSB経由はクラウド経由より早い気がする。

時間は無限じゃないんだけどなぁ。Appの再インストールで時間食うの辛い。

pip インストールを自動でやる。

pip を自動で実行すると Yes / No を聞かれる

DockerileでCOPYしたシェルスクリプトからpip をインストールしてたら、割とめんどくさい事になった。

Proceed (y/n)? Exception:
Traceback (most recent call last):
(
    return ask('Proceed (y/n)? ', ('y', 'n')) == 'y'
    response = input(message)
EOFError: EOF when reading a line

対策 : install 時は

yes | pip install package-name

対策: uninstall は

pip uninstall --yes package-name

これ、揺れてるんですね。めんどくさいのではないか。

参考資料

https://stackoverflow.com/questions/4536103/how-can-i-upgrade-specific-packages-using-pip-and-a-requirements-file