それマグで!

知識はカップより、マグでゆっくり頂きます。 takuya_1stのブログ

習慣に早くから配慮した者は、 おそらく人生の実りも大きい。

三井住友VISAの利用明細を郵送に切り替えても追加料金無しだった話。

三井住友VisaカードのWEB明細がクソすぎる。

WEBでの明細というのは、どうしてめんどくせええんだろう。疑問に思います。

明細は、郵送であればパパッと見られるのに、WEBで閲覧しようとしたら、途端にめんどくさくなるのはなんでなんでしょう?

WEBで閲覧する利用明細が面倒なので郵送にすることにした。

登録解除画面で、脅された

郵送にすることにして、WEBから郵送をに切り替えようとしたら、次のように、脅された

f:id:takuya_1st:20180607181721p:plain

割引なくなるよ!!!って脅してくるの。

でもまって、Amazonのカードは年会費無料じゃん?

年会費無料のカードで年会費がかかるって訳がわからない。

問い合わせた。

年会費無料のカードに、年会費がかかるってどういうことなんでしょうか?
年会費は発生していて、割引が適用されているってことなんでしょうか?
であれば、年会費無料の表示は不当表示ですよね。実質無料と書くべきでしょ?

ちなみに、電話料金はこっち持ちですよ。

回答をもらった。

個人情報の確認などで、待たされること10分程度、回答を頂くことができた。

お客様のAmazon カードは、年会費無料のカードであるために、郵送に切り替えても優遇がなくなるわけではありません
郵送に切り替えることで料金は発生しません。

驚いた。

表示されていた文言をもう一度見てみよう

f:id:takuya_1st:20180607182705p:plain

僕は何に同意すればいいのでしょうか

本当にアホらしい。

解除した。

WEB明細の利用を停止し、郵送にすることにし、WEBから所定の手続きで申し込みました。

完了画面で驚愕した!

申込みの完了の画面の表示を見て飛び上がった。

解除後もWEB明細はご利用いただけます。

f:id:takuya_1st:20180607182204p:plain

は?なにこれ?

警告画面は何だったんだ。

実際には、追加料金はかからない(誤認)さらに封書で利用明細書を配達を受けても、WEBは継続して利用できる。

会社の都合が全面に出てきててマジ参った。

三井住友Visaはどうなってんの

WEB明細をほぼデフォルトで強制してくるのは完全に向こうの都合じゃん。

ログインがだるすぎていらないんですよ。WEB明細。

絵合わせ認証がだるい

ブラウザからクッキーが消えると絵合わせ認証になる。すごく不便。

f:id:takuya_1st:20180607181129p:plain:w300

職業柄ブラウザのCookieを消去とかわりと気軽にやっちゃうので、ブラウザの永続Cookieで認証されるのはうざいの一言です。

絵合わせ認証は認証ですらないし、ボット避けなら別の方法があるし、ブルートフォースやリバースブルートフォースを警戒するなら、別の手段もあると思うんですね。

愚痴

リスクベース認証というのであれば、「設定変更」(Write)と「閲覧」(Read)をベースをにリスクを分けるのが筋ってもんでしょ。

  • 絵合わせ認証とかいう謎認証
  • ブラウザのクッキーを消せない問題。
  • スクレーパーがめんどくさくなった。

ログインがめんどくさくなりすぎて本当にアホらしい。スクレーパーもめんどくさくなりすぎ。明細系のアプリでも初期設定がめんどくさい。

「紙見たら済む話」を「わざわざ見に行って」取得するというのがわからん。

パスワードを入れてるなら、メールで暗号化PDFを送ってきて、そのPDFのパスワードを取得するためのログインならまだわかるって話だよ。

今回解除したカード

以上2枚のカードのWEB明細を解除して郵送にすることができました。

クレカの明細を郵送にしてもネットで見れるので皆さんも試してみては?

 関連URL

これが今回の問題のページです。

phpstormでSCSSを自動的にトランスパイルする。

css を作成するのに、scss をコンパイル

gulp のタスクとか、python の filewatcherとかでやってたんだけど、いい加減に限界だし、codekit も買ってみたんだけど、なんかめんどくさい。

ふと、Jetbrains の製品ならできるだろうと思ったけど、調べるのがめんどくさいので、やってなかった。

ざっくりやったので、あとで見直すためにメモをとる。

設定方法

プロジェクトの設定( phpstorm にはプロジェクトごとの設定がないので、設定を開くとプロジェクトごとの部分はプロジェクト毎になる。)

設定画面から、file watcher を探してscssのWatcherを追加

f:id:takuya_1st:20180606213122p:plain

設定に項目が追加されたら、ファイル名を指定する。

わたしの場合、assets/style.scss でインポートするように書いているので、 assets/style.scssstyle.css style.css.map に展開するように設定を書いた。

f:id:takuya_1st:20180606213607p:plain

ファイル名やパスが解らない場合は

コンソールに常に出力するようにし、STDOUTをアウトプットするようにした。とりあえず設定中はチェックオンにした。

f:id:takuya_1st:20180606213758p:plain

正常に出力できたら

設定のチェックをを外した。 auto save (自動保存)で File Watcher のジョブをキックするかは迷ったけど、とりあえずオンで。

f:id:takuya_1st:20180606214013p:plain

あ、これ便利。

設定してみて思ったんだけど、これ便利だわ。外部のgulpタスクをいつも内蔵ターミナルで起動してた手間がなくなった。

ほかに、babel ができたり、任意のコマンドに対応しているので、ファイルが更新されたら即時 rsync 起動とかできて便利になるかもしれない。

ちなみに、Vscode でもできそう

visual studio codeにもtask があって同じようなことができそう。

https://code.visualstudio.com/docs/editor/tasks

参考資料

http://www.webopixel.net/develop/860.html

Macのコマンドでスクリーンセーバー・画面ロック・画面オフ

Macで画面オフのショートカットが欲しい。

Windowsと違って、Macで困るのは、 Win-L のキーボードショートカットが無い所

ちょっと離席するときにMacを弄くられてデスクトップの背景をアニメ絵に変えられたり、妙なTweetを投稿されないようにしたい。

本当はTouchID があればいいんだけどね。

Macをロックする方法

画面をロック(ログイン画面にする)方法は大きくわけて3つ在る。

  1. 画面オフ・スクリーンセーバー起動時に画面ロック設定を環境設定でチェックする
  2. ユーザー切替を使ってログインスクリーンを表示
  3. Keychains.app を使って画面をロックする

手軽なのは1でしょうかね。ただプレゼン中にスクリーンセーバーになって画面ロックされるのは割と面倒くさいので、わたしは2/3の方法を取りたいと思ってた。

どの方法を選んでも画面ロックをしてパスワード入力が必要にすることが出来るので、これらを起動するコマンドをしっておけば、あとはキーボードショートカットを割当てたりロックコマンドを作ったりAppをつくってSpotlightから呼び出せるよね。

これらのそれぞれの方法を見ていきましょう。

1. 画面オフ・スクリーンセーバーを使った画面オフ

画面オフ・スクリーンセーバーが起動したら、ロックを掛ける。

f:id:takuya_1st:20180518093643p:plain:w200

この設定を行った上で、コマンドラインから、スクリーンセーバーを起動するか、画面をオフにする。

1.1 スクリーンセーバーを起動する

コマンドラインでターミナルから、スクリーンセーバーを起動するには、 ScreenSaver のフレームワークの中にあるバイナリを実行する。

/System/Library/Frameworks/ScreenSaver.framework/Resources/ScreenSaverEngine.app/Contents/MacOS/ScreenSaverEngine

または  open で  ScreenSaverEngine.app を起動する。

open  /System/Library/Frameworks/ScreenSaver.framework/Resources/ScreenSaverEngine.app

1.2 画面をオフにする

ディスプレイの電源OFFを起動する方法は、次の通り pmset は power management settgins の略だと思う。

pmset displaysleepnow

またはFinderにスリープを実行させる。

osascript -e 'tell application "Finder" to sleep'

 2. ユーザー切替を使ってログインスクリーンを表示

ユーザーの切替を使う方法。

メニューバーの右上にある、「ログインウィンドウ」を使って、ロックをする。 この場合のデメリットは、ユーザー名を再度入力が必要になる点だ。

f:id:takuya_1st:20180606103835p:plain:w300

コマンドラインからは次のようにする。

/System/Library/CoreServices/Menu\ Extras/User.menu/Contents/Resources/CGSession -suspend

長いので alias でもしとけばいいかと。

環境設定 と併せて使う必要がある(スクリーンセーバー・画面オフ)

これらスクリーンセーバーと画面オフと使った場合、画面ロックを使うには環境設定で設定が必要

f:id:takuya_1st:20180518093643p:plain:w200

スクリーンセーバーの解除時に画面ロックをするのオプションを使わないといけないのが少しめんどくさい。 冒頭にも書きましたが、ログイン関連でロックするには、環境設定が必要になる。

3. Keychains.app を使って画面をロックする

キーチェーンには、画面ロックするメニューが用意されているので、コレを使えばロックを掛けることが出来る。

f:id:takuya_1st:20180518095034p:plain

このメニューバーのメニューを起動してあげればいい。 起動する方法はいくつか在るが、Foundation を使ってパパっとPerformSelectorを実行すればいい。

キーチェーンを使う方法。

キーチェーンの機能を使うと、ダイレクトに画面ロックを起動できるから便利。

キーチェインでロックすることができる。キーチェインのボタンを押せば良いんだから、 キーチェーンの参照を取ってきて、performSelector して押すだけ。

キーチェインに該当メニューがないときは、keychains.appの設定でメニューバーに表示するように設定しておけばいい。

事前設定

f:id:takuya_1st:20180518095838p:plain:w200

performSelector する場合

lockscreen を起動する。

lockscreen-macos/main.m at master · takuya/lockscreen-macos · GitHub

#import <Foundation/Foundation.h>

int main() {
  @autoreleasepool {

    NSBundle *bnd = [NSBundle bundleWithPath:@"/Applications/Utilities/Keychain Access.app/Contents/Resources/Keychain.menu"];

    Class pc = [bnd principalClass];
    id k = [[pc alloc]init];

    [k performSelector:@selector(_lockScreenMenuHit:) withObject:NULL];
  }
  return 0;
}

lockscreen-macos/main.m at master · takuya/lockscreen-macos · GitHub

コンパイルしておけばSpotLightから呼び出せる。

作ってコンパイルした実行ファイルを適当なところに置いてSpotlightで起動すれば、手軽に画面のロックが出来るので楽。本当に楽。これで捗る

この方法が不便なのは事前に、キーチェーン設定でメニューバーに表示しておく必要が在る点だけ。

f:id:takuya_1st:20180518095727p:plain

f:id:takuya_1st:20180518095727p:plain:w200

まとめ

  • スクリーンセーバー
  • 画面オフ      - 事前設定が必要      - プレゼン中や作業中に画面オフになったりすると面倒くさい。
  • ユーザーの切替
    • 環境設定が必要
    • 再ログイン時にユーザー名入力(選択)からになるのが面倒くさい。
  • キーチェーン
    • キーチェーンをメニューバーに表示する必要がある。

スクリーンセーバーと画面オフの使用頻度にも依るのですが、いくつか選択肢があって好きな方法を選べるのが嬉しい。

あとはどの方法でも好きなものをキーボードショートカットに割り当ててしまえばWin-Lのような使い方が出来る

画面オフは「パワーボタン押す」なので、強い意味のパワーオフでCtrl-Shift-パワーとかでしょうかね。

次に調べること

ユーザー切替のログインスクリーンを表示するをCLIで起動する方法。 pmset はオモシロそうなので全部のコマンドを試したい。

参考資料

https://apple.stackexchange.com/questions/80058/lock-screen-command-one-liner